topimage

2012-05

出雲、告知する。 - 2012.05.30 Wed

というわけで、トルコに行ってまいりました!
中近東の顔とヨーロッパの顔を持つ、魅惑の国でした。
仕事をチャチャッと済ませて観光、観光
いつもよりさらに長い記事になっちゃいましたが、お付き合いいただけると嬉しいです。
タイトルの意味は最後まで読んでいただくと分かると思います♪



1_20120530123603.jpg



あ、その前に。
今回、ホントに珍しく海外出張が重なった私達夫婦。
おっとは3日前からアメリカに行っておりました。
で、なんと帰りにびゅーんと飛行機でトルコへ
トルコで待ち合わせとなったのです。
でも私は仕事絡みだし、新婚旅行ではないと言い張っている私達(笑)





さて、今回のお宿は1895年開業のホテル・ペラパレス
おっとが泊まりたい!と主張して決まったホテルですが、
なんとあのアガサ・クリスティの常宿だったホテルです。
トルコ初代大統領のアタテュルクが泊まったというお部屋もあるんですよ。


2_20120530123603.jpg



ホントに快適で、今まで泊まった中で1番かも!という私達の評価です。
私はここでハマムも経験しましたよ。
気持ちよかった~


イスタンブールはおそらくトルコで一番有名な都市ですが、
ご存知の通り、首都ではありません。
でもすっごく人が多いです!


街の中心はタクシム広場


3_20120530123602.jpg



この日は教師や医師がデモをやってました。
取材に来てたTV局のお姉ちゃんによると


4_20120530123601.jpg



って言ってたらしい。
でも、なんだか楽しそうに見えました。


でもこの通りは


5_20120530123601.jpg



このようにトラムが走っているので、
デモの間、トラムは動けず道路で停止してました。
乗客も慣れてる感じだったなー。


そんな中を色んな人と触れ合いながら


6_20120530123533.jpg



色んな場所を


7_20120530123532.jpg



散策しました。


8_20120530123531.jpg


イスタンブールでは本当によく歩きました。
万歩計つけてみたら毎日27000歩とか歩いてたし



もちろん観光もしましたよ。

まずはオスマン帝国の君主(スルタン)が居住したトプカプ宮殿


9_20120530123531.jpg



世界を制したオスマントルコ帝国の最盛期を
約400年にも渡って支え続けた場所で
宝物館には文字通り目もくらむような宝石がたくさん!



でも私が最も目を奪われたのはイズニックタイルの美しさです。
ほんとに精細で美しい…


10_20120530123530.jpg



ただ、広い庭園がある割に宮殿自体は意外と地味という印象。
これはオスマントルコ帝国が中央アジアから移動してきた遊牧民族の国であり、
基本的に屋内エリアに関してはそれほどゴージャスな建築を求めていないから。
そういえばトルコ人の起源はモンゴル人って聞いたことあるなー。



続きまして…
ビザンチン建築の最高傑作と呼ばれる世界文化遺産、アヤソフィア


11_20120530123529.jpg



元々キリスト教の教会でしたが、
オスマン帝国が支配するにあたってイスラム教のモスクに改装。
キリストや聖母のモザイク画が全て漆喰で塗り固められてしまった、という過去があります。



今は博物館となっていてモザイク画も修復されているので、


12_20120530123448.jpg



キリスト教と


13_20120530123447.jpg



イスラム教が


14_20120530123447.jpg



共存している内装が面白いところです。


ここには地下宮殿があって絶対行こうと言っていたのに
行き忘れるという失態を

ま、それくらい内装に興味津々だったってことです。
実際ここが一番印象深かったです。




さらに、スルタンアフメト・モスク
日本ではブルーモスクという名前の方が有名かも。


15_20120530123446.jpg



オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって建造された世界文化遺産。
普通4基である塔が6基あるのが特徴。



16_20120530123445.jpg



これはスルタンに「アルトゥン(金)の塔を」と言われた建築家が
「アルトゥ(6)基の塔」と聞き間違えたためなんだそうです。


さすがブルーモスク。
ブルーがほんっとに美しかったです。


17_20120530123445.jpg



ここは今でもモスクとして機能しており礼拝時間は信者以外立入禁止
そういえば1日5回あるイスラム教のお祈りの時間帯には
街中にアザーンという礼拝への呼びかけが流れてたな~。



18_20120530123400.jpg



お祈りの場所だけでなく、お祈り後に手足を清める場所まで


19_20120530123359.jpg



男性用と女性用が分かれていました。
お祈りの場所なんて女性は観光客より後ろの狭い場所でした。


20_20120530123359.jpg



イスラムの女性は大変だ…


イスタンブールには正味1日半しかいられなかったので、
観光地らしい所はこの3つしか行けませんでした。
でもドルマバフチェ宮殿とかリュステム・パシャ・ジャーミィとか
まだまだ行きたかった所はたくさんあるのでいつかリベンジしたいです!


そして旅で大事なことといえば・・・
お食事ですよね。


21_20120530123358.jpg
右下のミディエ・ドルマスとはムール貝の炊き込みご飯詰め。
前菜なんですが、見かけによらずcold dishです。
屋台でも売ってますよー。



トルコのご飯、私たちは大好きでした!
スパイシーなのかと思いきや、そんなことはなく、むしろ素朴。
味がついてなくて自分で塩を振ったりするくらい。
日本人の口には合うと思います。
デザートだけは甘すぎで無理でしたが(笑)


こんなイスタンブールをもし一言で表すとしたら…


22_20120530123357.jpg



ずばり猫の街。
ほんと至る所に猫がいます。
しかもすっごく人懐っこい。
全体的にトルコの人たちは動物に優しいんです。

あ、もちろんワンコたちもいます。


23_20120530123357.jpg



でも割合で言ったら2:8かなー。
基本的に皆放し飼いで、リード付きは1匹しか見なかったです。


24_20120530123228.jpg



こんな子もいましたよ。


25_20120530123227.jpg



おっと、危うく主役の出番を忘れるとこでしたよ。


では京都のスルタン、出雲くん。
タイトル通り、告知をお願いします。


26_20120530123227.jpg
前記事のスーツケースのことです。



27_20120530131151.jpg



28_20120530123225.jpg



ん?
なんか余計な条件が入ってるけど…


ちなみに抽選方法は??


29_20120530123225.jpg



あ、そう…


というわけで、『出雲のいる生活』初の試みです!
ホント気持ち程度のお土産ですが受け取っていただけると嬉しいです。
応募期限は1週間後、6月6日23:59までとしますねー。





応募するよ~と思ってくれた方、ポチッとお願いします♪



にほんブログ村 犬ブログ チワワへ 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

akiko
9.16 from Kyoto
human
Japanese ♀



出雲 Izumo
2010.2.10 from Fukui
long haired chihuahua
Fawn ♂

しじみ shijimi
2012.4.29 from Osaka
long haired chihuahua
Black & Tan ♀

weather

how old?

script*KT*

member

new articles

comments

category

monthly archive

friends

access counter

online counter

現在の閲覧者数:

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

clock